「マナー・しきたり」の記事一覧

「家族葬」と「密葬」の違い

「家族葬」と「密葬」の違い

「家族葬」と「密葬」は、どちらも近親者のみで行う葬儀というイメージがありますが、本来の意味は異なります。まず、「密葬」は、「本葬」に対して使われる言葉です。有名人や著名人の葬儀で執り行われることが多く、後日大規模な葬儀が予定されている場合、家族や近親者で行う葬儀を「密葬」と言います。一方、「家族葬」は、近親者のみで小規模に執り行う葬儀のスタイルです。

「戒名」と「法名」の違い

「戒名」と「法名」の違い

「戒名」と「法名」の違いについては諸説ありますが、分かりやすく分類すると、「法名」は浄土真宗、「戒名」はそれ以外の仏教となります。一般的には「戒名」と呼ばれることが多い傾向にありますが、正式な名称は宗派によって異なり、特に浄土真宗では「戒名」ではなく「法名」であることを強調しています。

「カトリック」と「プロテスタント」の違い

ポイント 「カトリック」=旧教。「プロテスタント」=新教。 「カトリック」=教会主義。「プロテスタント」=聖書主義。 「カトリック」=神父。「プロテスタント」=牧師。 解説 キリスト教は、東方教会と西方教会に分類されます・・・

「年号」と「元号」の違い

ポイント 「年号」=「元号」 「年号」と「元号」の違いは専門家でも曖昧 平成25年の場合、平成=「元号」、25年=「年号」という分け方もある。 「元号」「年号」を今でも使っているのは日本だけ。 解説 「年号」と「元号」の・・・

「寺」と「神社」の違い

ポイント 「寺」=仏様。「神社」=神様。 「寺」=僧侶。「神社」=神主。 「寺」=柏手を打たない。「神社」=柏手を打つ。 「寺」=鐘がある。「神社」=鈴がある。 不動尊・大師=「寺」。神宮・大社=「神社」 解説 まず、「・・・

「御霊前」と「御仏前」の違い

ポイント 「御霊前」=49日より前。「御仏前」=49日より後。 お通夜も告別式も「御霊前」でOK. 葬儀では「御霊前」。法事では「御仏前」。 一部宗派では「御霊前」を使わない場合も。 解説 仏教の多くの宗派では、人が亡く・・・

「郡」と「市」の違い

ポイント 「郡」は自治体ではない。「市」は自治体である。 「郡」に長はいない。「市」には市長がいる。 「市」になるには人口5万人以上。 平成12年~平成17年、条件が緩和されたため、この間の町村合併が加速した。 解説 「・・・

「24時」と「0時」の違い

ポイント どちらも昼の12時の曖昧さを補う意味 「24時」と「0時」も昼の12時ではないという意味 「24時」は、主にテレビ番組の放送予定など。 「0時」には午前・午後、「24時」には日付を付けて使うとベスト。 解説 「・・・

「都」と「府」の違い

ポイント 「都」=特別区がある。「府」=特別区がない。 「都」=都の権限が強い。「府」=府の権限が弱い。 もともとは「府」と「県」から始まり、「都」は後からできた。 解説 もともとは、明治時代の廃藩置県により「府」と「県・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ