「動物・自然」の記事一覧

「ジュゴン」と「マナティ」の違い

「ジュゴン」と「マナティ」の違い

人魚伝説の元になっているとされる「ジュゴン」と「マナティ」。
見た目はよく似てますが、どちらが「ジュゴン」で「マナティ」か区別できない方もおおいのではないでしょうか?
この「ジュゴン」と「マナティ」の違いを整理してみます。

「睡蓮」と「蓮」の違い

「睡蓮」と「蓮」の違い

池や公園で咲いている花を見て、「蓮」なのか「睡蓮」なのか分からなくなることはありませんか?
また、レンコンは「蓮」なのか「睡蓮」なのか答えられない方もいるかもしれません。
そこで、ワンポイントで見分けられる「睡蓮」と「蓮」の違いをご紹介します。

「イルカ」と「クジラ」の違い

「イルカ」と「クジラ」の違い

「イルカ」と「クジラ」は全く違う種類の生き物のように感じますが、実は「イルカ」は「クジラ」の仲間です。「クジラ」は、上あごにヒゲを持つ「ヒゲクジラ類」と、歯を持つ「ハクジラ類」の2つに分類されます。「イルカ」はこの中の「ハクジラ類」に分類されます。この「ハクジラ類」の仲間の中で、比較的小型のものが「イルカ」と呼ばれています。明確な大きさの定義はありませんが、4m以下のものが「イルカ」、それ以上のものが「クジラ」と呼ばれています。

「ヒラマサ」と「ブリ」の違い

「ヒラマサ」と「ブリ」の違い

ポイント 「ヒラマサ」=小顔。「ブリ」=顔がデカイ。 「ヒラマサ」=顎が丸い。「ブリ」=顎が尖っている。 「ヒラマサ」=胸ビレは腹ビレより短かい。「ブリ」=胸ビレと腹ビレはほぼ同じ長さ。 「ヒラマサ」=30㎏を超える。「・・・

「モミジ」と「カエデ」の違い

イロハモミジ

ポイント 「モミジ」は「カエデ」の一種。 植物分類上はカエデ科カエデ属 「モミジ」=十数種類。「カエデ」=数百種類。 「モミジ」=突起の数が5~7。「カエデ」=それ以上。 「モミジ」=切れ込みが深い。「カエデ」=切れ込み・・・

「有機」と「無機」の違い

「有機」と「無機」の違い

ポイント 「有機」=炭素を含む。「無機」=炭素を含まない。 「無機質」=ミネラルのこと。 生命感がない事を「無機質」という。 「有機栽培」「有機肥料」の「有機」はフンのこと。 解説 まず、科学的には「機」=炭素を指します・・・

「菖蒲」と「ショウブ」と「アヤメ」の違い

ポイント 「ショウブ」も「アヤメ」も漢字では「菖蒲」。 いわゆる「ショウブ」とは「ハナショウブ」、「ショウブ」という種類もある。 「ハナショウブ」=黄色い目型模様。「アヤメ」=網目状の模様。 「ハナショウブ」=背が高く花・・・

「蛾」と「蝶」の違い

ポイント 「蛾」=夜に飛ぶ。「蝶」=昼に飛ぶ。 「蛾」=触覚が尖っている。「蝶」=触覚が棍棒状。 「蛾」=羽を広げてとまる。「蝶」=羽をたたんでとまる。 しかし、全ての見分け方に例外がある。 「蛾」と「蝶」の幼虫でも見分・・・

「フクロウ」と「ミミズク」の違い

ポイント 「フクロウ」=耳がない。「ミミズク」=耳がある。 どちらもフクロウ目フクロウ科。 耳がある「フクロウ」もいる。 実は明確な区別はない。 「ズク」は古語でふくろうのこと。 解説 「フクロウ」と「ミミズク」の一番の・・・

「カタツムリ」と「ナメクジ」の違い

ポイント 「カタツムリ」=陸に上がった巻貝。「ナメクジ」=カタツムリの殻が退化したもの。 殻が退化してなくなる事を「ナメクジ化」という ウミウシは海の中で「ナメクジ化」したもの 「カタツムリ」の殻を取ってもナメクジにはな・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ