「換える」タグの記事一覧

「陰」と「影」の違い

「陰」と「影」の違い

分かっているようで意外に使い分けに迷ってしまうのが「影」と「陰」です。特に日本語の「かげ」にはいくつかの意味があり、比喩的表現も多く、感じで書く場合に悩んでしまう場合もあります。そこで、「影」と「陰」の違いと使い分けのポイントをまとめてみます。

「換える」と「替える」と「代える」の違い

「換える」と「替える」と「代える」の違い

同じ言葉でたくさんの漢字がある言葉で「かえる」があります。この中で、特に使い分けや違いの難しいのが「換える」と「替える」と「代える」です。この「換える」と「替える」と「代える」の違いを整理して使い分けのポイントをまとめてみます。

「顧みる」と「省みる」の違い

「顧みる」と「省みる」の違い

「顧みる」と「省みる」は、同音で意味も似ているため、違いや使い分けの難しい言葉です。パソコンで変換する際に迷ってしまう場面も少なくないでしょう。そこで、この「顧みる」と「省みる」の違いをまとめてみます。

「荒い」と「粗い」の違い

「荒い」と「粗い」の違い

間違いやすい漢字の1つに「荒い」と「粗い」があります。この2つの漢字の違いと使い分けのポイントを整理してみます。

「有る」と「在る」の違い

「有る」と「在る」の違い

漢字で最も使い分けが難しいものの1つが「有る」と「在る」です。
子供に聞かれて答えに悩んだり、パソコンで変換する際に迷ったりすることも多いのではないでしょうか?
まず、最初のポイントは他の言葉に置き換えるとどのようになるかで判断することができます。

「うやむや」と「あやふや」の違い

「うやむや」と「あやふや」の違い

あいまいなことを表現する言葉として「うやむや」と「あやふや」がありますが、この2つの言葉の違いや使い分けに悩む場面はないでしょうか?
しかし、この「うやむや」と「あやふや」にはかなりの意味の違いがあり、使い方を間違うと痛い目に遭うこともあるかもしれません。

「上げる」と「揚げる」と「挙げる」の違い

「上げる」と「揚げる」と「挙げる」の違い

「あげる」と言うと、「上げる」と「揚げる」と「挙げる」の3つの漢字がありますが、この違いが実は分からないという方も多いのではないでしょうか?
まず、大まかに分類すると、「上げる」は下げるの反対、「揚げる」は掲げる、「挙げる」は成果を残すという意味があります。
言い方を変えると、「上げる」=上昇、「揚げる」=掲揚、「挙げる」=成果・成績と言い換えることもできます。

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「すすめる」という言葉を漢字にすると「進める」「勧める」「薦める」「奨める」の4つがあります。
「進める」はともかく、「勧める」と「薦める」と「奨める」の違いはかなり紛らわしいものです。

「犯す」と「侵す」と「冒す」の違い

「犯す」と「侵す」と「冒す」の違い

「犯す」と「侵す」と「冒す」は、どれもあまりいい意味で使われることはありませんが、意外にその違いや使い分けがわかりにくい言葉です。
まず、大まかに分類すると、「犯す」は法律や規律に関係、「侵す」は領域や権利に関係。「冒す」はけがすという意味で使われます。
これらはそれぞれの漢字を使った熟語に置き換えると分かり易いかもしれません。

「少々」と「少量」の違い

「少々」と「少量」の違い

ポイント 「少々」=親指と人差し指の2本。「少量」=親指と人差し指と中指の3本。 「少々」=約1g強。「少量」=約2g。 解説 料理番組やレシピ本などでよく使われる「少々」と「少量」という言葉ですが、実はその違いを理解し・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ