「日本」タグの記事一覧

「乾く」と「渇く」の違い

「乾く」と「渇く」の違い

「かわく」という言葉には「乾く」と「渇く」があり、意味も似ています。実は違いがよく分からなかったり、使い分けに困っていたりする方も多いのではないでしょうか?そこで、「乾く」と「渇く」の違いと使い分けのポイントをご紹介します。

「皮」と「革」の違い

「皮」と「革」の違い

日常でよく使われる「かわ」という言葉。「皮」なのか「革」なのか迷ってしまう場合も多いのではないでしょうか?そこで、「皮」と「革」の違いを整理してみます。

「陰」と「影」の違い

「陰」と「影」の違い

分かっているようで意外に使い分けに迷ってしまうのが「影」と「陰」です。特に日本語の「かげ」にはいくつかの意味があり、比喩的表現も多く、感じで書く場合に悩んでしまう場合もあります。そこで、「影」と「陰」の違いと使い分けのポイントをまとめてみます。

「掛ける」と「懸ける」と「架ける」と「賭ける」の違い

「掛ける」と「懸ける」と「架ける」と「賭ける」の違い

同じ言葉でたくさんの漢字がある言葉で「かける」があります。特に、「掛ける」と「懸ける」と「架ける」と「賭ける」の違いは難しい場合もあります。そこで、「掛ける」と「懸ける」と「架ける」と「賭ける」の違いや使い分けのポイントをご紹介します。

「踊る」と「躍る」の違い

「踊る」と「躍る」の違い

読み方も同じで字も似ている「踊る」と「躍る」。意味の似ているようで使い分けに悩みます。この「踊る」と「躍る」の違いを整理してみます。

「痛む」と「傷む」の違い

「痛む」と「傷む」の違い

使い分けに悩む漢字の1つに「痛む」と「傷む」があります。特にケガをした場合「損傷」「負傷」などという言葉があるため、どちらを使っていいのか悩む場合があります。この「痛む」と「傷む」の違いと使い分けのポイントを整理してみます。

「合わせる」と「併せる」の違い

「合わせる」と「併せる」の違い

「合わせる」と「併せる」も違いが難しく使い分けに悩む漢字です。特に「併せる」はどのような場合に使うのが正しいのか難しい場合があります。

「有る」と「在る」の違い

「有る」と「在る」の違い

漢字で最も使い分けが難しいものの1つが「有る」と「在る」です。
子供に聞かれて答えに悩んだり、パソコンで変換する際に迷ったりすることも多いのではないでしょうか?
まず、最初のポイントは他の言葉に置き換えるとどのようになるかで判断することができます。

「当てる」と「充てる」の違い

「当てる」と「充てる」の違い

「当てる」と「充てる」は使い分けに悩む場面がよくあります。
「当てる」は分かりやすいものの「充てる」を使うべきかどうかで迷ってしまうことも多いでしょう。
この「当てる」と「充てる」の違いや使い分けの目安とポイントをまとめてみます。

「ローレル」と「ローリエ」の違い

「ローレル」と「ローリエ」の違い

スパイスの1種で料理に使われる「ローレル」と「ローリエ」。名前も見た目も似ていますが、その違いを整理してみたいと思います。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ