「日本」タグの記事一覧

「頭越し」と「頭ごなし」の違い

「頭越し」と「頭ごなし」の違い

「頭越し」と「頭ごなし」、似ている言葉ではありますが、その意味にはかなりの違いがあります。
まず、「頭越し」には「当事者をさしおいて」という意味があります。
当事者に全く連絡や相談もなく、勝手に決められてしまった際などは「頭越し」となります。

「価」と「値」の違い

「価」と「値」の違い

「価値」という言葉がありますが、「価」も「値」も「あたい」と読みます。
この「あたい」という読みで使う場合、「価」と「値」ではどのような違いがあるのでしょうか?
「あたい」は、物事を数量で表すことを言いますが、一般的には「値」が使われます。

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「すすめる」という言葉を漢字にすると「進める」「勧める」「薦める」「奨める」の4つがあります。
「進める」はともかく、「勧める」と「薦める」と「奨める」の違いはかなり紛らわしいものです。

「肉まん」と「豚まん」の違い

「肉まん」と「豚まん」の違い

違いが難しい食べ物の1つである「肉まん」と「豚まん」。
関東と関西で呼び方が違うという説が有力ですが、最近のコンビニでは「肉まん」も「豚まん」も並んで売られています。
実際のところ、この「肉まん」と「豚まん」に違いはあるのでしょうか?

「唐揚げ」と「とり天」と「かしわ天」の違い

「唐揚げ」と「とり天」と「かしわ天」の違い

最近、「とり天」というメニューが居酒屋などでよくありますが、
「唐揚げ」と何が違うのだろうと思っている方も多いのではないでしょうか?
また、似たようなもので「かしわ天」も最近よく目にします。
この「唐揚げ」と「とり天」と「かしわ天」の違いについて整理してみたいと思います。

「ジュゴン」と「マナティ」の違い

「ジュゴン」と「マナティ」の違い

人魚伝説の元になっているとされる「ジュゴン」と「マナティ」。
見た目はよく似てますが、どちらが「ジュゴン」で「マナティ」か区別できない方もおおいのではないでしょうか?
この「ジュゴン」と「マナティ」の違いを整理してみます。

「刺青」と「タトゥー」の違い

「刺青」と「タトゥー」の違い

「刺青」と「タトゥー」は、正確には違いはなく、同じものを指しています。
日本語の「刺青」を英語で言うと「タトゥー」になります。
近年、ファッション的意味合いでの小さな刺青を「タトゥー」と呼ぶ傾向もあります。

「アニメ」と「漫画」の違い

「アニメ」と「漫画」の違い

「アニメ」と「漫画」の違いは言われなくても分かるという方も多いかもしれませんが、
世代によっては混同されている方も意外に多くいます。
まず、一般的な定義では、「アニメ」は動きのあるもの、「漫画」は動きのないものとなります。

「付く」と「着く」の違い

「付く」と「着く」の違い

日本語の中で最も使い分けが難しいとされるのが「付く」と「着く」です。
意味にそれほど違いはありませんが、いざ漢字で書こうとすると、どちらか迷ってしまうケースがよくあります。
「付着」という言葉もありますので、なおさら複雑になっていまいます。

「指す」と「差す」の違い

「指す」と「差す」の違い

最も紛らわしい日本語の1つが「指す」と「差す」です。この違いは何気にわかりにくいものです。
パソコンや携帯で変換すると、候補に両方が表示され、どちらを使っていいか分からない方も多いでしょう。
まず、本来の意味としては、「指す」は、方向・場所・意味などを指し示す場合に用いられます。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ