「特徴」タグの記事一覧

「マンゴー」と「パパイヤ」の違い

「マンゴー」と「パパイヤ」の違い

以前は滅多にお目に掛かれなかったマンゴーですが、最近ではジュースやアイスなどで口にする機会が多くなっています。逆にパパイヤを最近食べていないと感じる方も多いのではないでしょうか?また、パパイヤの味を思い出せなかったり、マンゴーとの違いが分からなくなってしまった方も多いと思います。

「プラム」と「ソルダム」の違い

「プラム」と「ソルダム」の違い

スーパーなどの果物コーナーでよく見かける「プラム」と「ソルダム」ですが、実は違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか?結論から言うと、「ソルダム」は「プラム」の品種の中の1つです。まず、「プラム」とはスモモの仲間で、セイヨウスモモとも言います。実はスモモは300種類以上の品種があると言われています。

「昆布」と「ワカメ」の違い

「昆布」と「ワカメ」の違い

「昆布」と「ワカメ」が違うのは当たり前だと思う方も多いかもしれませんが、実は日本人の2人に1人は「昆布」と「ワカメ」の違いが分からないそうです。まず、「昆布」と「ワカメ」は、同じ海藻ですが、種類が異なります。「昆布」は褐藻類コンブ科コンブ属に属する海藻の仲間、「ワカメ」=褐藻類アイヌワカメ科に属しています。

「食塩」と「味塩」の違い

「食塩」と「味塩」の違い

「食塩」と「味塩」は、よく混同されて使われる言葉ですが、「食塩」は食用の塩の総称、「味塩」は味の素の商品名(アジシオ)です。ですので、広い意味では「味塩」は「食塩」に含まれると言えます。「味塩」は、昆布に含まれるうまみ成分「グルタミン酸ナトリウム」などが配合されています。

「戒名」と「法名」の違い

「戒名」と「法名」の違い

「戒名」と「法名」の違いについては諸説ありますが、分かりやすく分類すると、「法名」は浄土真宗、「戒名」はそれ以外の仏教となります。一般的には「戒名」と呼ばれることが多い傾向にありますが、正式な名称は宗派によって異なり、特に浄土真宗では「戒名」ではなく「法名」であることを強調しています。

「クッキー」と「ビスケット」の違い

「クッキー」と「ビスケット」の違い

ポイント 「ビスケット」は総称。「クッキー」は「ビスケット」の一種。 日本では「ビスケット」=ハードビスケット。「クッキー」=ソフトビスケット。 「ビスケット」=材料は中力粉。ガス抜きの穴がある。「クッキー」=材料は薄力・・・

「ラム」と「マトン」の違い

「ラム」と「マトン」の違い

ポイント 「ラム」=生後1年未満の仔羊の肉。「マトン」=生後1年以上の羊の肉。 「ラム」=臭みが少ない。「マトン」=臭みが多い。 「ラム」=比較的柔らかい。「マトン」=比較的固い。 解説 羊料理などでよく耳にする「ラム」・・・

「バター」と「マーガリン」の違い

「バター」と「マーガリン」の違い

ポイント 「バター」=牛乳の脂肪分が原料。「マーガリン」=植物油が原料。 「バター」=乳脂肪分80.0%以上。「マーガリン」=油脂含有率80.0%以上。 「バター」=ビタミンAが豊富。「マーガリン」=ビタミンAが少ない。・・・

「ムース」と「ババロア」の違い

「ムース」と「ババロア」の違い

ポイント 「ババロア」=フランスの古典菓子。「ムース」=「ババロア」に改良を加えたもの。 「ババロア」=ゼラチンで固める。「ムース」=卵白(メレンゲ)で固める。 「ムース」=卵白(メレンゲ)を加えたものの総称としても使わ・・・

ビールの「ピルスナー」と「ラガー」の違い

ビールの「ピルスナー」と「ラガー」の違い

ポイント 「ピルスナー」=「ラガー」の一種。 「ラガー」=15世紀にドイツのバイエルン州ミュンヘンで誕生。 「ピルスナー」=19世紀にチェコのピルゼンで誕生。 「ラガー」=「下面発酵」とも呼ばれ、低温で醸造する製法。 「・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ