「記載」タグの記事一覧

「記入」と「記載」の違い

「記入」と「記載」の違い

何かを書き記すことを表す言葉として「記入」と「記載」があります。
意味もよく似ているこの2つですが、どのような違いがあり、どのように使い分ければいいのでしょう?

「退職」と「退社」の違い

「退職」と「退社」の違い

ポイント 「退職」=会社を辞めること。「退社」=会社を辞める。+仕事が終わって会社から引き上げる。 会社を辞める場合、「退職」「退社」どちらでもよい。 会社組織でない組合・公務員などは「退職」。 口頭で会社を辞める意味を・・・

「Bフレッツ」と「フレッツ光」の違い

「Bフレッツ」と「フレッツ光」の違い

ポイント 「Bフレッツ」=NTT光回線のサービス名の1つ 「フレッツ光」=NTT光回線サービスの総称。 「フレッツ光」=「フレッツ光ライト」+「フレッツ光ネクスト」+「Bフレッツ」。 「Bフレッツ」は旧サービス名称。現在・・・

「不用品」と「不要品」の違い

ポイント 「不用品」=使えないもの。「不要品」=いらないもの。 「不用品」=壊れている。「不要品」=壊れていない。 粗大ごみの記載はどちらでも可。 解説 一般的には、「不用品」は使えないもの、「不要品」はいらないもの(必・・・

「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の違い

ポイント 「戸籍謄本」=戸籍に記載されてた「全員」の情報。「戸籍抄本」=戸籍に記載された「一部の人」の情報。 「戸籍謄本」=戸籍全部事項証明書とも言う。「戸籍抄本」=個人事項証明書とも言う。 「戸籍謄本」が必要なのは、相・・・

「Q&A」と「FAQ」の違い

ポイント 「Q&A」=「一問一答」。「FAQ」=よくある質問。 「FAQ」は「Q&A」を厳選したもの。 解説 「Q&A」と「FAQ」は、同じような意味として使われていますが、厳密には微妙な違・・・

「caution」と「warning」の違い

ポイント 「caution」=注意。「warning」=警告。 「caution」=気を付ける。「warning」=してはいけない。 「alert」→「caution」→「warning」 解説 「caution」も「w・・・

「筆者」と「著者」の違い

ポイント 「筆者」は文章を書いた人。「筆者」は書物を書いた人。 本になるまでは「筆者」。本になったら「著者」。 解説 類語例解辞典によると、「筆者」と「著者」はそれぞれ下記のように記載されています。  「著者」は、ノンフ・・・

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ