「日本」タグの記事一覧

「痛む」と「傷む」の違い

「痛む」と「傷む」の違い

使い分けに悩む漢字の1つに「痛む」と「傷む」があります。特にケガをした場合「損傷」「負傷」などという言葉があるため、どちらを使っていいのか悩む場合があります。この「痛む」と「傷む」の違いと使い分けのポイントを整理してみます。

「合わせる」と「併せる」の違い

「合わせる」と「併せる」の違い

「合わせる」と「併せる」も違いが難しく使い分けに悩む漢字です。特に「併せる」はどのような場合に使うのが正しいのか難しい場合があります。

「有る」と「在る」の違い

「有る」と「在る」の違い

漢字で最も使い分けが難しいものの1つが「有る」と「在る」です。
子供に聞かれて答えに悩んだり、パソコンで変換する際に迷ったりすることも多いのではないでしょうか?
まず、最初のポイントは他の言葉に置き換えるとどのようになるかで判断することができます。

「当てる」と「充てる」の違い

「当てる」と「充てる」の違い

「当てる」と「充てる」は使い分けに悩む場面がよくあります。
「当てる」は分かりやすいものの「充てる」を使うべきかどうかで迷ってしまうことも多いでしょう。
この「当てる」と「充てる」の違いや使い分けの目安とポイントをまとめてみます。

「ローレル」と「ローリエ」の違い

「ローレル」と「ローリエ」の違い

スパイスの1種で料理に使われる「ローレル」と「ローリエ」。名前も見た目も似ていますが、その違いを整理してみたいと思います。

「頭越し」と「頭ごなし」の違い

「頭越し」と「頭ごなし」の違い

「頭越し」と「頭ごなし」、似ている言葉ではありますが、その意味にはかなりの違いがあります。
まず、「頭越し」には「当事者をさしおいて」という意味があります。
当事者に全く連絡や相談もなく、勝手に決められてしまった際などは「頭越し」となります。

「価」と「値」の違い

「価」と「値」の違い

「価値」という言葉がありますが、「価」も「値」も「あたい」と読みます。
この「あたい」という読みで使う場合、「価」と「値」ではどのような違いがあるのでしょうか?
「あたい」は、物事を数量で表すことを言いますが、一般的には「値」が使われます。

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「勧める」と「薦める」と「奨める」の違い

「すすめる」という言葉を漢字にすると「進める」「勧める」「薦める」「奨める」の4つがあります。
「進める」はともかく、「勧める」と「薦める」と「奨める」の違いはかなり紛らわしいものです。

「肉まん」と「豚まん」の違い

「肉まん」と「豚まん」の違い

違いが難しい食べ物の1つである「肉まん」と「豚まん」。
関東と関西で呼び方が違うという説が有力ですが、最近のコンビニでは「肉まん」も「豚まん」も並んで売られています。
実際のところ、この「肉まん」と「豚まん」に違いはあるのでしょうか?

「唐揚げ」と「とり天」と「かしわ天」の違い

「唐揚げ」と「とり天」と「かしわ天」の違い

最近、「とり天」というメニューが居酒屋などでよくありますが、
「唐揚げ」と何が違うのだろうと思っている方も多いのではないでしょうか?
また、似たようなもので「かしわ天」も最近よく目にします。
この「唐揚げ」と「とり天」と「かしわ天」の違いについて整理してみたいと思います。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ